ウェット&メッシー動画、レビューします!

ウェット&メッシーとは?

 

ウェット&メッシー(Wet And Messy)とはWet=濡らす、Messy=汚すの意味で、
女の子を濡らして汚すというマイナーなフェチジャンルの一つです。

 

レンタル店に行ってもその存在を見かけることはほとんどないと思われます。
日本語が長いため略してWAMと表記されていることも多いです。

 

服の上から汚したり、裸にして汚したりと方法も様々。
塗り方も筆・ローラー・ぶっかけ・液に浸かるなど作品によって異なります。

 

ウェット&メッシーの分類は?

 

ウェット&メッシーとしてよく他のサイトさんなどでよく取り上げられているのは・・

@金粉や銀粉などのメタリック系
A絵の具やペンキ
B泥
Cパイやケーキなどの食材

あたりかなと思います。

 

水やローション、ザーメンぶっかけなどが含まれる事もありますが、それぞれが別ジャンルとして成り立っているため、個人的には上の@〜Cまでがウェット&メッシーの範疇かと。
より詳しく知りたい人はWikipediaを見てください。

 

今回、このサイトでは@〜Bのメタリック系・ペンキ・泥を中心に扱います。
おそらく金粉がメインになると思います。

 

Cの食材は個人的にグチョッとしたのが苦手なのでほとんど扱わないつもりです。
パイ投げくらいかな。

 

ウェット&メッシーの中でも人によって趣味は色々ですね。

 

ウェット&メッシーの魅力とは?

 

これも人によって様々です。

 

徐々に塗られていく過程が侵食されているようでイイという人もいれば、塗り終わった後の非現実的なカラダがイイという人もいます。

 

特に金粉プレイでは胸に光沢が出て、ボディラインが強調されるので芸術的(神秘的)な魅力があります。
また、目も塗るため健康を考えると悪くて、とてもじゃないけど出来ないということに興奮したりもします。

 

AV作品として見ると、他のAVと大きく異なる点は本番がなくても成立しているということが挙げられます。
ただ塗るだけのものやオナニーまでの作品も多いです。

 

個人的にはレズプレイやピストンバイブ、フィストが気に入っています。
特にバイブやフィストなど金粉まみれのものがオマ○コの中を汚すという行為がウェット&メッシーの一番の魅力ではないかと思います。


トップページ 記事一覧 お問い合わせ リンク集